【蜂窩織炎、原因と対策】リンパ浮腫の症状と原因

蜂窩織炎原因リンパ浮腫からケガなどで炎症を起こす合併症です。対策としては、清潔に幹部保つ事です。リンパ浮腫と蜂窩織炎には注意です

リンパ浮腫の症状と原因

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

蜂寓織炎(ほうかしきえん)とは、リンパ浮腫の合併症です。水分が溜まっているむくんでいる箇所に、怪我などにより細菌が侵入することによって、足全体に炎症を起こす合併症です

蜂窩織炎の原因

蜂寓織炎の原因は細菌が増殖しやすい条件がそろっている事です。
リンパ液は栄養が豊富で菌の絶好の培養地になります。
そのリンパ管の循環が悪くなると、リンパ管を通じて細菌を排除できなくなってしまいます。

蜂窩織炎の症状

蜂窩織炎になると、むくみの出る範囲に赤い斑点や広範囲の発赤がみられ、38度以上の高熱が出ます。
また、蜂窩織炎を長く放置していると、頻度は低いのですが皮膚がかたく厚ぼったくなり、象皮病になるケースもあります。

蜂窩織炎の治療と予防

蜂窩織炎は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌などの菌が引き起こしますので、これら菌に効果のある抗生物質を服用すれば、数日から数週間で治ります。
その間は家事や仕事を控え、できるだけ安静にすることが大切です。蜂窩織炎の症状が改善して1週間~10日程度たち、医師の診断を受け問題がなければリンパドレナージを再開しましょう。

蜂窩織炎の特徴

蜂寓織炎の特徴は再発しやすいことです。そのため頻繁に症状が出るときは、弾性ストッキングを常時着用するなどして、蜂窩織炎の予防を心がける必要があります

蜂寓織炎の症状に気づいたら、リンパドレナージなどのケアはいったん中止する必要があります

蜂窩織炎の予防法

虫刺されや小さな傷に注意する
リンパ浮腫のケアをきちんと行う
水虫を治療し、とくに爪の周りを清潔に保つ
バランスのとれた食事、十分な睡眠、規則正しい生活をする
風邪などの感染症に注意する
ストレスの解消をする

蜂窩織炎の治療法

足を上げて寝るようにする
マッサージや運動、入浴を避ける
足を冷やす
抗生物質を服用する
利尿薬や弾性ストッキングや弾性包帯を使用する

外陰部や足に、リンパ小疱ができることもあります

リンパ節の郭清をした場合、むくみと同様に、外陰部や足にリンパ小疱ができることがあります。これ自体は感染を起こさなければそれほど心配することはなく、やがて自然に体内へ吸収されて消えていくこともあります。
消える期間は人それぞれ違い、1カ月くらいのこともあれば、よくなったり悪くなったりを繰り返してしまうこともあります。常に清潔を心がけてケアしていきましょう。

がんサイト集

子宮がん症状

子宮がん症状、検診についての専門サイトです。子宮がん検診を定期的に受けましょう

乳がん検診

乳がん検診や乳がん症状を知れば、早期発見に繋がります。【乳がん検診.com】は、乳がんの専門サイトです

卵巣がん

卵巣がんの専門サイトです。卵巣がんは子宮がは通常の子宮がん検診ではわかりません

肺がん初期症状

肺がん初期症状では、肺がんの兆候や症状など、肺がんの原因、治療法について解説するサイトです